旅は身軽に・・・

からだ潜在意識を整えて、楽で自然に生きる!福井てるこです。

 

楽だぁ~。とっても楽です。なんだ、こんな簡単なことだったのかって拍子抜けするくらいです。熊野の友のおかげで一日毎に変化しています。それもこれも「いつも意識的であるには?」と私が問いかけ続けたからです・・・問いかけ恐るべしです!

どれもこれも大事なものなんてないって言ったらちょっと大げさですけれど、こんな心境を理解出来る方はまだまだ少ないのではないかと思います。誰かと話していてもチグハグになってしまうのです。話が合わなくなってきています(頑張って合わせますが)。今まではストーリーを共有していたのに、もう無理です。この軽さを味わってしまったら後戻りは出来ません。何かを失ってはまずいと思って必死に守っているのが今では透けて見えます。ああ、あれもこれもそれも思い込みのドラマだったなんて!(絶対誤解されそうなので説明しておきますが(笑)、すべて大事じゃないならばすべて大事になるんです。等価とはそういうことです。そして、別の言葉で言えばどっちでもいい、なんでもいいということです。よく望みの叶え方で「叶っても叶わなくてもどっちでもいいと思うのが良い」と言いますが、その作戦さえも思考ですから、それも即捨てなのです。そう思いこもうとしても無駄なんです。思い込もうとするってことは思っていないってことなんですから。そして「どっちでもいい」と思えるのが〇で、そう思えないのは×という二元に分けて分離を作ることが自分の手には入らないという現実を作り出すのです。ややこしいな(笑)望みをサクサク叶える人はこの辺の匙加減のコツをからだで掴んでいるのです。)

 

 

今、私はあまり大事なものがありません。これまでは手放せなかったけれど、幻想だと知ってしまったので、多くのものを手放したんです。それもこれも意識的になったからです。手放したら身軽になってしまってしまいました。私のこれからの旅は超身軽です。例えて言うならスーパーのレジ袋に歯ブラシと替えの下着とタオルを1枚入れてぷら~っと旅に出ちゃった感じです。だから、ダメになったらすぐ捨てるし、失くしても悔やまないものしか持っていません。どれもこれも取るに足りないものばかりです。

さあ、令和時代の旅は身軽にしてみませんか?熊野の友直伝の目覚めのエクササイズ、ご興味のある方にはお伝えします。とっても簡単ですが、筋トレみたいなものです。毎日やらなければ筋肉はつきません(笑)

まだ3人の方にしかお伝えしていません。というのもまだまだ多くの方が夢の中で夢を良くしていきたいからなのでしょう。楽しい夢ならば覚めたくないですからね~!

お気軽にお問い合わせください。

当日申込みは空きがあれば受け付けます。
その場合は必ず電話連絡をお願いします。
TEL:090ー4435ー9483

この記事を書いた人

福井てるこ

20代はプロの舞台俳優として全国を回り、33歳から鍼灸の道に入る。