愛か?攻撃か?

東京・西荻窪の治療院、てるこの部屋です。

昨日久しぶりに友人とおしゃべりしました。
奇跡講座を勉強している人なので
会う度に深い話が出来て至福のひとときです。

必ずと言っていいほど、
「投影」の話が出てきます。

私たちは外側の世界に自分を投影して
あの人がこんなことするから自分はこうなって
しまったとブータラ文句を言っているのです。
その攻撃は実は・・・
自分自身を罪深いと信じているからなんです。
(本当の問題は自分の中にしかないんです)

よく・・・
「愛か恐れか」のどちらかしかないと
精神世界でも言いますが、
私には「愛か攻撃か」のほうが
しっくりきます。

瞬間瞬間どちらかを選んでいるのです。
愛を選んでいる時、攻撃はしないし
たとえどんな小さな攻撃でも、誰かや何かを
攻撃していれば、そこに愛はないのです。
(平安を選ぶか分離を選ぶかと言ってもいいかな)

・大変な目に合っているの…
・ひどい人がいてね…
・どうしたらいいんだ…

人生にはいろいろ起こりますが
(起こったように見えますが・・・)
自分は被害者になっていると感じている時
罪深さという幻想
真実だと思っているのかもしれません。
そして、外側のほうを何とかしようと
ずっともがいているのかもしれません。

かつて、別の友人が私に言いました。
「てるこさんは引けば開くドアを
ずっと押していたんだ。それだけだよ(笑)」

お気軽にお問い合わせください。

当日申込みは空きがあれば受け付けます。
その場合は必ず電話連絡をお願いします。
TEL:090ー4435ー9483

この記事を書いた人

福井てるこ

20代はプロの舞台俳優として全国を回り、33歳から鍼灸の道に入る。