治る治らないを超えた世界

東京・西荻窪の治療院、てるこの部屋です。

癌の方が立て続けにいらしています。
美座療法で対応しています。
変な言い方ですが、
患者さんの在り方として
治ることを第一にしないほうが
上手くいくことが多いような気がします。

治ることに意識を向けすぎると
不安や心配の意識レベルに下がってしまう
方が多いからでしょう。
(そう、意識レベルの問題なんです!)
癌にフォーカスを当てすぎると
今ここにいられないことが多いからかなと
思っています。
(パワーは今この瞬間にしかないからです)

ある患者さんから大きな飛翔を遂げたことを
お伺いしました。
癌を宣告されて一か月も経たないうちに
その方は静かな安心の境地に辿り着きました。

それは一言で言うと
治る治らないを超えた世界です。
今ここにいて、どっしりとしている境地です。
言うは易く行うは難し、決してなろうとして
なれる境地ではないのです。

本当に逆説的ですが、
治るためにはこの在り方が大切だと思います。
(だからといって必ず治るわけではないです)
この在り方になって頂くために
私はヒプノセラピーをコーチングを
やっているようなものです。
(新たな考えを付け加えるというより
役に立たない考えをガシガシ取っていくと
いう感覚です)

そこに行けば
どんな夢も叶うというよ
誰も皆行きたがるが
遥かな世界

その国の名はガンダーラ
どこかにあるユートピア
どうしたら行けるのだろう
教えてほしい・・・

ふと、ゴダイゴの「ガンダーラ」が
頭の中で流れ始めました・・・

その大きな飛翔を遂げた方は
ジェットコースターのような日々を送りました。
美座療法の中のあることが必要と出たので
ご自宅でやって頂きました。
そうしたら、心の奥深く押し込めていたものが
解放されたのです。

治る治らないを超えた世界に行くには
ずっと避け続けていた人生の棚卸しをして
(つまり、自分と向き合って
今まで通ったことのない真っ暗闇を潜り抜けます。
そうでないと辿り着けない場所なのです。

あなたもその安心の境地に行きたいのなら
少なくとも今までのやり方では
辿り着けないことは確かです。

治る治らないを超えた世界・・・
その静かな境地に辿り着いた方を思い、
(最高だ!幸せだ!)と
今夜は一人祝杯をあげている私です。

・一人では出来ない
 人生の棚卸しをお手伝いします
目覚めのコーチング」がお勧めです
・癌の痛みや抗がん剤の副作用には
美座療法」がお勧めです

お気軽にお問い合わせください。

当日申込みは空きがあれば受け付けます。
その場合は必ず電話連絡をお願いします。
TEL:090ー4435ー9483

この記事を書いた人

福井てるこ

20代はプロの舞台俳優として全国を回り、33歳から鍼灸の道に入る。