興奮しました、黄泉の国探検!!!

先日ブログに書いた「黄泉の国セッション」を
夫にやってみました。
身内だと、なんだかドキドキします。


夫には、くわしく説明はせず(彼は「黄泉の国」というものが何かも知りませんでした!)
いつも通り、呼吸・体のリラクゼーション・数の深化・・・・・という手法で
階段まで誘導しました。

(何色の階段ですか?何で出来ていますか?)

夫「コンクリート、、、あれれ、「どあい」の階段だ。おかしいなぁ。」

(「どあい」って何ですか?)

夫「群馬県にある、長~い階段のある駅なんだ。谷川岳に行く時通るんだ、、、。」

夫「やっぱり、土合(どあい)駅だ。」

夫は、無事階段を下りて着いたらしいです。

(どんなところですか?)

夫「土合駅だよ。」

(そこは、「黄泉の国」ではないのですか?)

夫「土合駅だよ。」

(誰か、いますか?)誰かいたら、その人が「黄泉の国」の門番かもしれません。

夫「駅長さんがいる。」

(じゃあ、その方が「黄泉の国」の門番か聞いて下さい)

夫「違うって。駅長だって。」

困りました。夫はすんなり「黄泉の国」に行けず、田舎の駅に着いてしまったようです。

(じゃあ、その駅長さんに「黄泉の国」に行くにはどうしたらいいか聞いて下さい)

夫「聞いたら、ここから行けるってさ。」

やったー!!!(それでは、そこから行きますか?)

夫「駅長が、「黄泉の国」に行けるけど、行ったら戻ってこれないってさ。」

夫は、悪性脳腫瘍で高次脳機能障害でなりました。
自分でお話を創作するような状態ではありません。

(どうしたら、「黄泉の国」に行けるか聞いて下さい)

夫「行けるけど、行ったら絶対戻ってこれないってさ。」

んー困りました。さて、どうするか、私!!!
(どうしたら、安全に戻ってこれるか聞いて下さい)

夫「だから、駅長は行ったら戻ってこれないからって言ってるんだよ。」

わかりました。あきらめます。直球がだめなら、変化球だ!
(人の寿命がわかる「命のロウソク」を見たいと伝えて下さい)

夫「ロウソクだけなら、駅長室にあるってさ。」

がっくん!!!最初から聞きゃよかった!
(それでは、そのロウソクを見せてほしいと駅長にお願いして下さい)

夫「ついて来いって言ってるよ。」

これだから、催眠療法は究極のライブセッションと言われるのです。
臨機応援さが求められます。あやうく、あきらめてしまうところでした。
あまりにも、リアル、臨場感たっぷりなので、続く・・・・・

お気軽にお問い合わせください。

当日申込みは空きがあれば受け付けます。
その場合は必ず電話連絡をお願いします。
TEL:090ー4435ー9483

この記事を書いた人

福井てるこ

20代はプロの舞台俳優として全国を回り、33歳から鍼灸の道に入る。