アクセスバーズ・催眠療法・びわの葉温灸|東京

そのままで完璧です
疲れたら、ひと休み。
自分の中にすべてがあるよ
つながる
そのままで完璧です
疲れたら、ひと休み。
自分の中にすべてがあるよ
つながる

「生きる力を取り戻す」体と心の専門家です!

  • 東洋医学のプロ国家資格の鍼灸マッサージ師
  • NGH(米国催眠士協会)認定ヒプノセラピスト
  • 内科・整形外科での勤務経験施術経験豊富
  • 癌患者様の催眠療法、施術経験豊富
  • 21時まで土日も営業
  • 日本全国どこでも往診します
  • 女性専用です(男性は紹介のみ可)

お客様の喜びの声

その他のお客様の感想と体験はこちら

病と向きあう方の心と体を、やさしくしっかり支えます。

ホリスティック(Holistic)という素晴らしい言葉があります。ギリシャ語で「全体性」を意味する「ホロス(holos)」を語源としています。そこから生まれた言葉には、whole(全体)やhealth(健康)、heal(癒す)、holy(聖なる)などがあります。

つまり、健康や癒しには、部分だけでなく、まるごと全体を見ていくことが大切なようです。

それは癌治療にも言えます。治療法の開発は日進月歩ですが、残念ながら癌で命を落とす方は減らないようです。それはなぜでしょう。病院の三大療法は体だけにアプローチしています。しかしそれだけでは人間という偉大なる「生命のしくみ」の一部分にしか触れていないように感じます。

「健康」は単に体が病気でない状態ということではありません。

そこには、幸せや充足感、自分以外の人や社会とのつながり、そういったものも含めての全体が、真の健康と言えます。体・心・魂・・・そしてご家族や社会にまですべてにアプローチしてこそ、その人全体を癒すことになるのでしょう。

当院は、びわの葉温灸・鍼灸・マッサージ・アクセスバーズ・催眠療法・イメージ療法・カウンセリングを行う治療院です。特に、癌(がん・ガン)や難病の方の、「自然治癒力(自分で癒していく力)」を高めるお手伝いをしています。

世の中には様々な治療があふれています。

どんな治療法を選ぶかということも大切ですが、まずは「自分の本当のチカラとのつながりをとり戻すこと」が大切と考えています。当院は、病の本当のメッセージを受け取り、人生(いのち)の質を高めたい方のサポーターです。

体だけで、本当に十分ですか?

病院の三大療法(手術・抗がん剤・放射線)、食事療法(玄米菜食・マクロビオティック・ゲルソン療法・人参ジュース)断食、鍼灸、漢方、健康食品、冷え取り、運動、ウォーキング・・・癌と向きあうのに様々な方法がありますね。でも、あなたが行っているのは、体の治療だけではありませんか?

病の原因の多くは、「体と心の不調和」だと言われています。ある人は癌を「思い癖の病」と言っています。ストレスと一言で片づけることなく、表面だけでなく内面も見ていくことが大切です。自分自身の体や心と向きあい、その本当の原因にアプローチして根本から解決していくことが重要です。

人間は、体・心・魂で出来ていると言われています。そのすべてにアプローチすれば、病にまつわる様々な不安は軽減されていくでしょう。

癒やし(ヒーリング)の三角形

ふくいてるこはりきゅう室では、体へアプローチする「びわの葉温灸」「自然治癒力はり灸DRT(背骨の調整)をはじめ、心にアプローチする「催眠療法」「アクセス・バーズ®」「イメージ療法」も行っています。また、魂につながる様々な方法もお伝えし、生きる力を取り戻すお手伝いをしています。

本当は大事な 癌と心(意識)の話

癌はあなたの人生を良くするためにやってきた!

・・・と考えてみてはいかがでしょうか?「病の本質は救済者」と言った方がいます。また、有名なクリスティン・ペイジ医師は、病はバランスの調整をし、成長しようとする試みの一つであると言っています。つまり「起きなさい!」というモーニングコールなのです。

内なる力あなたの人生の再構築のためにやってきてくれたパワフルなメッセンジャーととらえたほうが、お付き合いしやすいと感じませんか?

かの有名なシュバイツァー博士は「私たち一人一人の中に、賢い医師が宿っており、その内なる医師が何をすればいいのかを知っている」と言いました。どうやら私たちの体と心には、癌を作り出す力と、それを退縮させ、健康にする力のどちらもが備わっているようです。

癌は愛のメッセンジャー

心の治療「癌になって良かった!」そうおっしゃる方がいます。

「癌になる前より、なった後のほうが幸せ!」そうおっしゃる方もいます。

これはどういうことを意味するのでしょうか?

特に癌患者の方は、
「ストレスなんてあまり感じなかった」
「これくらいのストレスや疲労は、誰もが感じているだろう、当たり前だ」
などという方が多いのです。

体と心の発する悲鳴を無視してきたからこそ発症したのかもしれません。
そして、癌という通常ありがたくないものが、人生を見直す大きなきっかけになる場合もあるのです。

癌は訴えます

自分を大事に

「もっと自分を大切にしてほしいなぁ」
「君が好きなことをして、生き生きしている姿を見たいなぁ」

癌は、その人自身の内奥からの声ではないでしょうか?

あなたに、あなたが本当に望む本来の生き方に戻ってほしくて、癌という姿をとってこの世に現れたのかもしれません。もしそうだとしたら、喜びや幸せに満ち溢れて生き生きとした本来のあなたに戻れば、癌は「役目は終わったよ!」といって消えてくれるかもしれません。

何かが起こるには必ず原因があり、またその解決方法も必ずあるはずです。

催眠療法で潜在意識とつながると、自分自身でも忘れていたような本当の気持ちに気付きやすくなります。病からのメッセージを受け取ったり、健康になるアドバイスも受けて体と心の調和が高まります。

また自分自身の評価が高まり、自分を愛せるようになります。
自分自身の中に眠っていた力を引き出すことによって、健康の方向に大きく舵をきることが可能です。そして健康になるだけでなく、人生そのものがより良くなるのを実感されるでしょう。

「何が、癌の夫を癒したのか?」

ふくいてるこご夫婦 夫も私も国家資格の医療従事者です。それぞれ自分の治療院を持ち、健康だけは自信があった私たちに、癌というまさかの出来事が起こりました。「病気は自分で作り、自分で癒す」これは20年以上前に夫の整骨院のパンフレットに書いたメッセージです。私たちは、これを自ら証明することになるとは夢にも思っていませんでした。これは夫の記録を元に、私(福井てるこ)が記したものです

以下は、夫の話です。

癌が見つかったきっかけ
始まりは、白馬鑓でした。2012年の8月、僕はかねてよりの念願だった「白馬鑓温泉小屋」に行きました。標高2100mの白馬鑓ヶ岳の中腹にある天空の温泉です。登るのに4時間はかかります。その途中、山には慣れているはずの僕が足を滑らせ、大きな岩に頭を打ち付けてしまったのです。「ヤバイ」と思いましたが、額に傷を負っただけで済んだようです。

温泉を楽しみ下山すると、妻が傷を見つけ、「硬膜下血腫になっているとたいへんだから、○○脳外科で見てもらって。」と言うのです。僕自身も気になっていたので、さっそく近所の懇意にしている脳外科に行きました。MRIを撮ってもらうと、なぜだか慌てた様子で「撮り直しをします」というのです。あれ?なんだかおかしいな?胸がざわざわしました。

医師は、「青天の霹靂です。」と言いました。「すぐ、大きなところでMRIを撮ってきて下さい。」「脳幹部に、良性の腫瘍があります。」と。これは、たいへんなことになったかもしれない・・・その予感は残念ながら、当ってしまいました。

より正確なMRI画像で、再度診察を受けました。「大丈夫だと思う、大丈夫だと思う...」医師は、僕たち夫婦ではなく、自分自身に言い聞かせているようでした。もちろんあとで考えれば、良性というのは嘘だったのです。どんな脳外科医でも、画像を見ただけでアウトだとわかります。神経膠腫(グリオーマ)、完治無しとも言われる脳に染み込むタイプの悪性脳腫瘍でした。

3ヶ月でホスピス!?
日本でいちばん手術件数の多い大学病院を紹介して頂き、慎重に検査を進めました。2回目の診察の時「このままでは、3カ月でホスピスです。完治は難しい、どれだけ延命できるか、です。」とはっきり言われました。手術で認知症になること、失明すること、他人の気持ちもわからなくなり、妻のこともわからなくなること、など数々の怖ろしい説明は自分の理解の許容範囲を完全に越えてしまいました。一体、どうやって病院から家までたどり着いたかも思い出せません。

日頃から、「病気は自分で作り、自分で癒す」と公言していた僕ですが、命の期限を切られ、医師から言われるままに手術をすることになりました。「もう、自分の命は自分のものではなくなった。自分の命はあの医師の手に完全に渡ってしまったのだ、、、。」絶望感に押し潰されそうでした。

手術後はひどい状態が続き、自分の名前も妻の名前も思い出せず、言えず、おむつの生活になりました。
たくさんの管につながれ、自分が一体何をしているのか、何故病院にいるのかもわからない状態でした。
放射線治療も始まり、顔が別人のように腫れ上がり、食欲も低下しました。地獄のような3カ月の入院生活でした。妻には、たいへんな心配・迷惑をかけました。泣かない日はなかったと言っています。

様々な代替療法、民間療法、健康法
僕たち夫婦には子どもがいません。こんなに早く妻を一人残して死ぬわけにはいきません。僕は、あらゆることを試しました。妻の鍼灸治療、びわの葉温灸、食事療法、飲尿療法、親族からの差し入れのサプリメントや霊芝などの栄養補助食品、またTM瞑想や呼吸法、気功、ヒーリング、フラワーエッセンス、、、とにかくいいと言われるものは何でも試してみました。そうした数々の手当ては、どれもそれなりに効果があったようです。

その中でも、いちばん手ごたえを感じたのが、ヒプノセラピー(催眠療法)です。若い頃から瞑想などをし、能力開発に興味を持っていたので、潜在意識の力には一目置いていました。サイモントン療法の書籍もずっと昔から読んでいて、「自然治癒力」は誰の体にもあり、それを発動させられるか否かが「癌の自然退縮」の鍵だということは理解していたのです。

初めてのヒプノセラピー体験
ベテランのヒプノセラピストの誘導で、すぐ催眠状態に入りました。僕は深い森を歩いていきました。はっきりと見えるのです。いや、感じるといったほうがいいでしょうか。ジャングルのような植物の生い茂った道なき道を歩いていく感触がはっきりとあるのです。湿った空気、音なき音、植物のむんとした濃い匂い。歩いて歩いて歩き続けました。途中、トカゲのような、小さな爬虫類たちにたくさん遭遇しました。

少し開けた場所に出ると、大きな岩がありました。そして、何とそこには磔(はりつけ)になった父がいたのです。父は、作業服姿でした。若い頃、土木の仕事で成功を収めた父の姿でした。しかし、磔にされてしばらく時間が経っていたようです。父の体は、干からびていました。

夢のような、夢よりもはっきりとすべての実感があるヒプノセラピーの中で、僕は納得しました。父は頑固で横柄で、怒りや罵声で人様をコントロールする性格でした。その怒りの性格は、直そうとしても直せなかった僕の性格でもあったのです。あの感情が悪性脳腫瘍を作ったのだな、そう感じたのです。そして父の干からびた亡骸を見て、もう自分の中の父のような部分はなくなったのだなとわかりました。

妻の催眠療法で感情を解放する
ヒプノセラピーは、体験してみなければ決してわからないものです。こんなにはっきりと実感があるものとは思っていませんでした。その後、妻は何人もの先生に師事しヒプノセラピーを習得し、僕にたびたびセッションをしてくれました。

ヒプノセラピーは、意識の深い部分にまで容易に入っていけます。怒りの感情の下に、悲しみの感情があり、悲しみの感情の下に無力感がありました。感情は、まるで地層のようにはっきりと積み重なっているのです。しっかりと感じつくさなければ、その下の感情に入っていけないようです。大元の土台の部分まで探ることも大切な作業でした。赤ん坊の時の事故が元で障害者(片麻痺)になってしまった僕は、自分の体に不満足で自分の体が大嫌いでした。消えてしまいたい、生きていたくない・・・そんな気持ちを長く持ち続けていたことも、悪性脳腫瘍の原因の一つだったとわかりました。

また、癌が発見される2年前に詐欺に遭いました。幸い弁護士を立て解決しましたが、半年間も激しい怒りや騙された後悔の念で苦しみました。今では、この感情の滞りも癌になった一因だと理解しています。

催眠療法で癌の本当の意味を知る「僕を癒したのは、癌?!」
抑え込んできた感情を、ヒプノセラピーにより緩め、解放しました。結局、僕が許せなかったのは、他人ではなく自分自身だったのです。事実や記憶は変わらないけれど、感情を味わい、認め、緩めたり解放したりすることで心が癒されるのです。自分には価値があるんだ、健康になっていいんだ、自分は生きていていいんだ・・・抑え込んできた否定的なものを解放すると、自分への温かな愛情やいたわりや優しさが自然と湧き上がってきました。

妻によるヒプノセラピーで、生き方・在り方が大きく変わりました。若い頃は哲学や心理学にのめり込み、なんとか駄目な自分を変えようと努力してきました。しかし、癌という体験こそが、自分の苦しい人生を癒す最良のものであったのです。これなくしては、僕の人生は中途半端に終わるところでした。

そういう意味で、まさにサイモントン医師の言う通り、「癌は、愛あるメッセンジャー」です。僕を苦しめるかのように見えた癌は、僕を救いに来てくれたのです。癌が贈り物であるという認識にまでつなげてくれた妻の愛に応えて、よりいっそう自分を愛し人生を楽しんでいきたいと思っています。

癌は、自分にしか癒せない
療養で半年暮らした沖縄の県立病院の脳外科の医師には、「完全に治っている。再発もないだろう。」という驚きの言葉も頂いています。もちろん今も経過観察は続けていますが、これからどんな状態になっても大丈夫だと思っています。いつでも自分の心の奥底をしっかり見つめることです。

表面では健康になりたいと言いつつも、深い意識では自分を愛していなかったり、もう人生を終わりにしたいなどと自分をボロ雑巾のように扱っている人もいます。頭(考え、言葉)と心(意識、感情)の不一致に早く気付き、一致させましょう。顕在意識と潜在意識を一致させれば、自分の中の「自然治癒力」が発揮されます。健康に向かうためには何かをしたり食べたり入れることよりも、「自然治癒力」のパイプを詰まらせている古い否定的な観念や感情を一掃すること・取り除くことが先決だと思います。

そして、自分に「治ってよし!健康になってよし!」という許可を与えるのです。それができるのは自分だけです。医者が許可を与えてくれるのではありません。自分にしかできないことなのです。心の深い部分で、全面的に健康を望んでいるか、それが最終的な鍵です。「病気は自分で作り、自分で癒す」それは本当でした。問題と答えは同じ一つの物の側面なのです。まず、自分の心と向きあうことが健康への最短の道だと、僕は確信しています。

催眠療法に上手く入れるのかな?

催眠療法イメージ催眠療法の経験のない方の心配の多くは、「自分は上手く入れるのだろうか?」ということです。

そんな方のために、「プレ・催眠療法」コースを低価格でご提供しています。体験コースでは、20~30分程度の軽い催眠状態を体験していただきます。説明とセッションを合わせて1~1時間半位かかります。

催眠療法で結果を出すには、ヒプノとはどういうものかという事前の説明や安心感が大切です。
実際のセッションにスムーズに入りやすくなる上、これだけでも十分なリラクセーションになります。
ほとんどの方がなんらかのイメージを掴んでいます。また一部には、この体験だけで深い体験をされている方もいらっしゃいます。

迷っていらっしゃる方は、ご自分に向いているかどうかまず体験されて、その上でご判断下さい。

また、催眠療法についてのご相談はお問い合わせフォームから承っております。


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop